Arsène -アルセーヌ-

Depuis plusieurs années, Arsène s’est imposée comme la marque féminine et originale d’espadrilles du Pays Basque. Toujours à la recherche de nouvelles formes, matières et imprimés, les deux créatrices Audrey et Charlotte, n’ont de cesse que de réinventer ce classique. Toutes fabriquées à Mauléon-Licharre, capitale de l’espadrille, les «Arsène» se portent à tout moment : shopping, travail, plage, etc. 

Arsène, c’est 100% made in France, 100 % made in Pays Basque.
Arsène travaille avec deux des dernières entreprises familiales, situées à Mauléon-Licharre, au coeur du Pays Basque ( Pyrénnées - Atlantiques, 64).

C’est un savoir-faire ancestral, une qualité transmise de générations en générations, ici boostée par une touche de modernité.

Audrey Hasperue et Charlotte Candau Saunier, 31ans. Toutes deux sont justement originaires de Mauléon, capitale de l’espadrille.
Elles se connaissent depuis de longues années, mais un jour de 2012, elles ont l’idée de transposer sur cette chaussure qu’elles connaissent depuis toujours, leurs propres codes. Arsène naît quelques mois plus tard. L’originalité de leur concept ? Créer une espadrille différente, mode, audacieuse. 

オードレーとシャーロットは共に31歳の若き女性クリエイター。故郷はエスパドリーユの生地、モーリオン。長年の友人であった二人は、2012年に小さい頃から慣れ親しんでいたエスパドリーユを違った形で発展させていきたいと考え、アルセーヌが誕生しました。
そして誕生より数年で、アルセーヌはバスク地方の名産品であるエスパドリーユにおいて、女性もののブランドとして確立してきました。

常に新しいかたち、素材、デザインを追求し、二人の女性クリエイター、オードレイとシャーロットは、この古くからの伝統であるエスパドリーユの革新を絶えず続けています。
エスパドリーユの発祥の地であるモーリオン・リシャールにて製造されたアルセーヌのエスパドリーユは、お出かけ、職場、レジャーにとあらゆるシーンで活躍します。

アルセーヌの商品は100%フランス産かつ100%ペイ・バスク産。
アルセーヌは、バスク地方の中心に位置するモーリオン・リシャールにある、先祖代々続く家族経営の職人さんたちによって作られています。祖先より受け継がれるノウハウ、世代から世代へと伝えられる質、そこに現代の感覚が加わり、クラシックかつモダンな商品が生まれるのです。

彼女たちのコンセプトとは?「ファッショナブルで大胆な他にはない、エスパドリーユを作り出す」ということです。

>